道東・道北

 

商品イメージ旭川市旭山動物園
日本最北の動物園「行動展示」で有名です。
北極圏の動物だけではなく各地の約110種を飼育していて
動物本来の能力が観察できるよう考えられた展示方法で注目されました
巨大プールに飛び込むホッキョクグマや、アザラシの特徴的な泳ぎを観察できる円柱水槽、
一日のほとんどを水中で過ごすというカバの様子は見ごたえがあります。
飼育員たちが解説する「もぐもぐタイム」もおすすめです
https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/(外部リンク)

商品イメージ上川町・層雲峡(そううんきょう)
石狩川の上流部に位置する渓谷で約24kmもの断崖絶壁がつづく場所です。
層雲峡で最もすばらしい渓谷美といわれているのが、大函(おおばこ)。
高さ200mにも及ぶ、屏風のような幅広い柱状節理の岩が規則的に並ぶようすは壮観な眺め。
もう1つのおすすめは、双瀑台(そうばくだい)からは日本の滝百選にも選ばれている
名瀑「銀河の滝」「流星の滝」を一度に見ることができます。


商品イメージ
上川町・層雲峡温泉
層雲峡の中ほどにある大雪山系最大の温泉街です。
冬イベントの1つ「氷瀑まつり」が開催される山岳リゾートです。
温泉街に「黒岳」五合目まで登れるロープウェイの発着駅があり、
春夏は高山植物を観察しながらの散策、秋は紅葉観賞、冬はスキーやスノーシューハイキングなどの観光が楽しめます。
ロープウェイ五合目から七合目まではリフトが運行。そこから山頂まで、約1時間の登山ルートが整備されています。
春夏秋に訪れた際は、登頂にチャレンジするのもおすすめ。http://www.sounkyo.net/category/index.php?category=1(外部リンク)

商品イメージ上川郡・大雪山国立公園
北海道の中央部、約23万haが大雪山国立公園。
陸域では日本最大の広さを誇る国立公園で十勝岳連峰や石狩連峰など広大な高山帯を含んでいます。
日本の高山植物の4割にも相当する約250種の植生が確認されていて
氷河期の生き残りといわれるエゾナキウサギや、大雪山にしか生息しない高山蝶、
クマゲラやシマフクロウなどの希少な鳥類も生息する自然環境。起伏の緩やかな道のりで高山植物を満喫するには、
旭岳ロープウェイで中腹まで上り、姿見の池園地を散策するのがおすすめ。夏の高山植物はもちろん
秋の紅葉時期も美しい景色が楽しめます。https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/180(外部リンク)

商品イメージ美瑛町・パッチワークの路
美瑛らしい景色の中をドライブで楽しむ国道237号と452号に挟まれた丘陵地帯。
色とりどりの畑が広がり間をぬうように農道が走る風景が
まるでパッチワークのように見えることから、「パッチワークの路」と呼ばれています。
CM・ドラマの撮影地としても有名な「マイルドセブンの丘」や、
夏場は花畑のストライプが楽しめる「四季彩の丘」など、
車で行く方にはおすすめです。http://lavendertown.com/patchwork.html(外部リンク)

商品イメージ

美瑛町・青い池
立ち枯れたカラマツと青い池が幻想的です。
過去にApple社のMacBook Proで壁紙に採用されたことでも有名な池。
青い水面に、枯れたカラマツが立ち並ぶ幻想的な絶景スポットです。
水が青い理由は美瑛川に十勝岳の地下水が混ざりコロイドという成分が
生成されるためと考えられています。コロイドの粒子が細かく散らばり太陽の光をまんべんなく散乱するので
波長の短い青い光が私たちの目に届いて青く見えるそうです。天気や季節、時間帯によって異なる青色が楽しめます。天気のいい日に行くのがおすすめです。https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/shirogane-blue-pond/(外部リンク)

商品イメージ中富良野町・ファーム富田
「ファーム富田」には様々な種類のラベンダーが咲き誇る花畑や、
七色の花々を敷き詰めた色彩豊かな花畑など、季節ごとに見頃が異なる12の花畑が広がっています。
園内には十勝岳連峰を眺められるテラスや、食事やスイーツを提供しているカフェも複数点在。
ひと休みしながらゆっくりと美しい花畑の中を巡れます。ラベンダーの時期に訪れた際は、
日本最大級のラベンダー畑(ファーム富田から約4㎞の上富良野東中地区にある)
「ラベンダーイースト」の見学してみてくださいhttps://www.farm-tomita.co.jp/(外部リンク)

商品イメージ占冠村・雲海テラス(星野リゾートトマム)
標高約1,080mの雲海テラスから眼下に広がる雄大な景色を眺めることができます。
条件の揃った早朝に現れる雲海は、自然が生み出す貴重な現象。
シーズン中に出会える確立はおよそ40%ですが
テラスには雲海が見られない日でも雄大な景色を楽しめる設備が充実しています。
210度の視界で見渡せる雲形の展望スポットや雲の上にいるような浮遊感たっぷりなハンモック
展望カフェなど好みの場所から絶景を満喫できます。https://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/(外部リンク)

商品イメージ

北竜町・ひまわりの里
国内最大級、150万本が咲き誇る毎年7月中旬~8月下旬に
約23haの丘に150万本ものひまわりが一斉に咲き誇り見事な景色が広がる「北竜町」。
毎年“ひまわりまつり”が開催され巨大なひまわりの迷路や約30種類もの世界のひまわりを観賞できます。
レンタサイクルや遊覧車での散策も楽しめ、夏ならではの風景が堪能できます。
近くには温泉を併設した「道の駅サンフラワー北竜」がありますhttp://portal.hokuryu.info/(外部リンク)


商品イメージ稚内市・宗谷岬(そうやみさき)
北緯45度31分 日本最北の岬
日本最北端の地「宗谷岬」は、北極星の一稜をモチーフにした記念碑が目印。
天気がよい日には、正面にサハリンの島影を望め、ここが最北端の地であることを実感させてくれます。
訪れた記念として、周辺の売店のみで販売されている「日本最北端到着証明書」を購入する方も多くいます。
日付のスタンプが押された証明書は、旅の素敵な思い出になるでしょう。
http://www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp/archives/listings/saihokutan(外部リンク)

商品イメージ

利尻町、利尻富士町・利尻島(りしりとう)
最高級品として有名な「利尻昆布」や「エゾバフンウニ」が水揚げされる「利尻島)」
周囲約63kmの円形の島で、島の中央に日本百名山のひとつに数えられている「利尻山」がそびえ立っています。
北海道銘菓「白い恋人」のパッケージになった景色が拝める「オタトマリ沼」や
奇岩・奇石が雄々しく広がる「仙法志御崎(せんほうしみさき)」などの絶景スポットが点在。
ウニ採り体験やアザラシへの餌やり体験なども楽しめます。https://www.rishiri-plus.jp/(外部リンク)


商品イメージ礼文町・礼文島(れぶんとう)
日本最北の離島、礼文島。
別名「花の浮島」とも呼ばれていて夏になると約300種の高山植物が咲き誇ります。
「ほっかいどう100の道」に選ばれている礼文林道コースや、桃岩展望台コースなど、
6つのトレッキングコースが島内に整備されており、大自然を全身で感じながら歩くことができます。
トレッキングを楽しんだ後には天然温泉を満喫したり、礼文島の名物「ウニ」のを味わうのもお忘れなく。
(ウニのシーズン:エゾバフンウニ 6月~8月、キタムラサキウニ 3月~9月)
https://www.hankyu-travel.com/guide/hokkaido/rishiri.php(外部リンク)

商品イメージ
音更町・十勝川温泉
十勝川温泉は植物性温泉のモール泉。
一般的な鉱物性温泉に比べて世界でも希少な泉質をもち、平成16年に北海道遺産として選定されています。
植物が炭化せずに残った要炭・泥炭に含まれるフミン物質は、
肌をすべすべにし皮膚再生作用があるといわれ、美人の湯として親しまれています。
温泉街(十勝川温泉観光協会)では、電動自転車の貸し出しもあり、
温泉街周辺をサイクリングで楽しむのもおすすめです。http://www.tokachigawa.net/(外部リンク)

商品イメージ池田町・池田ワイン城
今や世界で評価される池田町の十勝ワインの複合施設。
ワイン城の正式名称は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」で自治体が運営するワイン施設です。
斜面には、池田町だけの品種「清舞」「山幸」のブドウの樹が植えられており、
城の中には熟成室や、展示コーナ、試飲コーナーの他、レストランも併設。
十勝で育った旬の食材とワインを堪能できます。https://www.tokachi-wine.com/(外部リンク)

また、敷地内には池田町出身の吉田美和さんが活動するDREAMS COME TRUEにまつわる資料を展示する
「DCTgarden IKEDA」があり、限定品を購入することもできます。https://www.tokachi-wine.com/kanko/dct/#a2_0(外部リンク)

商品イメージ帯広市・ばんえい十勝帯広競馬場
世界で唯一、鉄ソリをひいた競馬が楽しめる「ばんえい競馬」。
ばん馬に重いソリを曳かせ、パワーと速さ、持久力を競う迫力満点のレースです。
通年開催しています。 ナイターレースの開催をはじめ、ファンから初心者の方まで楽しめる施設です
を整備し、全国毎週土・日・月曜にレースを開催している
他、早朝には、ばん馬の「静と動の美しさ」が際立つ「朝調教見学ツアー」なども開催しています。
場内には、「ふれあい動物園」も整備されています
https://banei-keiba.or.jp/race_schedule.php(外部リンク)

商品イメージ大空町・メルヘンの丘
大空町女満別の国道39号線沿い道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」から比較的近いところにある緩やかな丘陵地
標高約35mの丘の稜線上に7本~8本のカラマツが植えられ
一帯に広がる畑は、春は緑、夏はジャガイモの花の白、秋は小麦の黄金色というように季節によって色が変化。
時間帯による景色の移り変わりも美しくフォトスポットとして人気を集めています。
北海道ならではのスケールが感じられる光景で、故・黒澤明監督の映画「夢」にも登場したスポットです。
敷地内には休憩スペースと駐車スペースがあります。入場無料。駐車場も無料です。
http://www.town.ozora.hokkaido.jp/docs/2014111300193/(外部リンク)

商品イメージ網走市・博物館 網走監獄
「最果ての監獄」と呼ばれ恐れられていた網走刑務所を移築復原した野外歴史博物館です。
東京ドーム約3.5個分の敷地には、明治時代から実際に使用されていた舎房を
はじめ、重要文化財に指定されている「舎房及び中央見張所」や「庁舎」などが保存されています。
また、2017年にリニューアルされた「監獄食堂」では、
実際に収容者が食べていたメニューを再現した「体験監獄食」を味わうこともできます。
https://www.kangoku.jp/(外部リンク)


商品イメージ

網走市・能取湖(のとろこ)
網走市西部に位置する能取湖。
その南側の湖畔、卯原内周辺に約4haの広さでサンゴ草(アツケシソウ)が群生します。
塩分を多く含む湿地で育つ植物で
オホーツク海と湖岸の一部分が接している能取湖ならではの環境がサンゴ草を育んでいます。
8月下旬から赤く色づきはじめ、9月下旬から10月初旬には真紅のじゅうたんを敷き詰めたような光景が広がります。
https://www.tabirai.net/sightseeing/column/0001172.aspx(外部リンク)


商品イメージ羅臼町・知床ネイチャークルーズ
夏季(5月~10月)と冬季(1月~4月)、一年を通して遊覧体験が楽しめるクルーズ船。
春先はシャチの遭遇率が高く、夏にはハクジラ類の中でも最も大きいマッコウクジラや、
白黒のツートンカラーが美しいイシイルカなどを観察。
冬は流氷を掻き分けて進み、オジロワシ、オオワシの大群などを観察して、
知床の大自然を体感できます。http://www.e-shiretoko.com/(外部リンク)



商品イメージ
斜里郡・知床国立公園
知床半島に位置し陸域と海域を合わせた指定面積は約61haの広大さ誇る「知床国立公園」
周辺一帯が世界遺産に登録されています。知床を代表する景観の知床五湖や
温泉が流れているかのようなカムイワッカ湯の滝、美しい海岸線を眺めることができるプユニ岬など
絶景スポットが多く、自然や動物観察を楽しめるガイドツアーも豊富に開催されています。
https://www.env.go.jp/park/shiretoko/(外部リンク)





知床五湖
https://www.goko.go.jp/index.html
知床自然センター
http://center.shiretoko.or.jp/
カムイワッカ湯の滝
http://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/


商品イメージ紋別市・流氷砕氷船
冬のオホーツク海沿岸部を埋め尽くす真っ白な流氷。
「流氷砕氷船ガリンコ号」は、その名の通り船の前方に付いたスクリューで流氷を砕きながら進む船です。
周囲一面が流氷に覆われた景色は思わず息を飲むほどの美しさ。
オジロワシやアザラシなどの生物と出合えることもあります。
夏季には通常の遊覧運行だけではなく、カレイ釣りのクルーズとしても運航。一年を通して乗船が楽しめます。

商品イメージ

阿寒郡・釧路湿原国立公園
広大な水平的景観が魅力の国立公園。日本最大の釧路湿原と周囲の丘陵地からなり、広さは約28.7ha。
特別天然記念物の「タンチョウ」や、希少な大型猛禽類の「オジロワシ」、
氷河期の生き残りと言われている「キタサンショウウオ」など、数多くの動植物が生息する地域です。
園内には、5つの展望台と6つの遊歩道が整備されており、季節の花々や湿原植生の観察が楽しめます。
夏季はカヌーでの川下りもおすすめです。https://www.env.go.jp/park/kushiro/(外部リンク)

商品イメージ


鶴井村・鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ(開館期間10月~3月)
鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリは、野生のツルを絶滅から守るために設立された施設。
タンチョウは、日本最大級のツルで背丈は約150cm、翼を広げると220~240cmの迫力ある大きさ。
11月頃からツルの飛来が始まり、3月頃まで美しい姿を眺めることができます。
雪景色を背景に、大きな羽を広げて一斉に飛び立つ姿も見ることができます
隣接するネイチャーセンターからも双眼鏡や望遠鏡でツルを観察でき、常駐レンジャーからの解説を聞いたり、
展示物の見学も楽しめます。http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/ito/(外部リンク)

商品イメージ


釧路市・阿寒湖
特別天然記念物「マリモ」が生息 阿寒摩周国立公園内、周囲約26kmのカルデラ湖。
手つかずの原生林が残る自然豊かな場所で、国の特別天然記念物「マリモ」や、天然の「ヒメマス」が生息しています。観光汽船やカヌー、散策ツアーが充実。特にフィッシングのメッカとして有名で、日本最大のトラウト「イトウ」がヒットすることも。冬は、ワカサギ釣りの場としても賑わいます。 https://ja.kushiro-lakeakan.com/(外部リンク)


商品イメージ

釧路市・阿寒湖温泉
阿寒湖南岸に広がる温泉地「阿寒湖温泉」。
多くは単純泉で刺激が少なく肌にやさしい泉質です。
周辺には、「ボッケ」と呼ばれる泥火山を観察できる散策路や、
阿寒湖の名物・マリモを展示する観察センター、手湯・足湯スポットなどが点在。
道内最大級のアイヌコタン集落も隣接しています。温泉街には無料巡回バス「まりむ号」が運行されており、
手軽に周辺の各観光スポットに移動できます。http://akanko-spa.jp/(外部リンク)

商品イメージ

釧路市・阿寒湖アイヌコタン
阿寒湖温泉街に接する北海道最大級のアイヌの集落。
100名以上のアイヌの人々が暮らしており、重要無形民俗文化財に指定されているアイヌ古式舞踊をはじめ、
アイヌの生活や文化が体感できます。アイヌ料理が味わえる飲食店や
アイヌ木彫りや刺繍などの個性的な民芸品が並ぶ土産店があります。
https://www.akanainu.jp/(外部リンク)

商品イメージ

弟子屈町・摩周湖
世界有数の透明度を誇る神秘的な湖
「霧の摩周湖」とも呼ばれる有名なカルデラ湖。
最深約211.4m、周囲約20kmの摩周湖は、流れ込む河川がなく雨がその水源のほとんどを占め、
不純物が少なく世界でも有数の透明度を誇ります。
摩周湖の霧は6月から7月にかけて出現が増え、湖が1日中見える日は平均して月の半分ほど
摩周湖では天候の急変もしばしばあり、
一寸先が見えない濃霧の状態から急変して素晴しい晴天になることも珍しくありません。
目の前の景色が切り替わっていく様子は神秘的。
天気の良い日には、「摩周ブルー」の湖面を眺めることができます。
摩周湖にある展望台の中でももっとも高いところに位置しているのが、「摩周第三展望台」。


商品イメージ


弟子屈町・神の子池
摩周湖からの地下水が湧いてできた、水深約5mの小さな池です。その透明度と美しい色






商品イメージ


弟子屈町・川湯温泉、硫黄山
摩周湖と屈斜路湖の間に位置する川湯温泉は
、湯量が豊富で源泉かけ流し100%宣言をしている温泉街です。
川湯温泉は硫黄泉で硫黄山と呼ばれる場所では、
硫黄臭のする蒸気がそこかしこから噴出している様子を見ることができます。





商品イメージ
オンネトー
摩周湖と同じく阿寒国立公園の中にある「オンネトー」
、北海道三大秘湖のひとつに数えられる、美しい湖
。湖面は季節によって色が変わるというから驚きですね。











【道東エリア】


【オホーツク地方】 北見市 網走市 紋別市 美幌町 津別町 斜里町 清里町 小清水町 訓子府町 置戸町 佐呂間町 遠軽町 湧別町 滝上町 興部町           西興部村 雄武町 大空町
【十勝地方】 帯広市 音更町 士幌町 上士幌町 鹿追町 新得町 清水町 芽室町 中札内村 更別村 大樹町 広尾町 幕別町 池田町 豊頃町 本別町             足寄町 陸別町 浦幌町 【釧路地方】 釧路市 釧路町 厚岸町 浜中町 標茶町 弟子屈町 鶴居村 白糠町
【根室地方】 根室市 別海町 中標津町 標津町 羅臼町

【道北エリア】

【上川地方】 旭川市 名寄市 富良野市 士別市 鷹栖町 東神楽町 当麻町 比布町 愛別町 上川町 東川町 美瑛町 上富良野町 中富良野町 南富良野町        占冠村 和寒町 剣淵町 下川町 美深町 音威子府村 中川町 幌加内町
【留萌地方】 留萌市 増毛町 小平町 苫前町 羽幌町 初山別村 遠別町 天塩町
【宗谷地方】 稚内市 猿払村 浜頓別町 中頓別町 枝幸町 豊富町 礼文町 利尻町 利尻富士町 幌延町