借り方の流れ

①ご予約

(1)ご予約方法

当店ではお電話、LINEにてご予約を承っております

(2)ご予約にあたって

お電話。LINEにてご予約状況の確認を行った上で必要事項をお伝えください。

・氏名、お電話番号
・ご利用日(出発日時、返却日時)
・車の受け渡し場所(受け渡し、返却はご希望場所にて)    
・車種(乗車人数、ご利用状況)
・ペット(頭数、犬種)の有無
・喫煙の有無   
・お支払方法の有無(現金、カード決済)    
・その他(ご不明な点など)


(3)予約キャンセルについて

お客様のご都合によりご予約をキャンセルする場合はご予約当日の1時間前までに当店にお電話にてご連絡下さい。

ご予約時間を1時間以上過ぎてもご連絡をいただけない場合は予約取り消しの対応をさせていただきます。

(4)車・料金について

・トップページ、各車両の詳細にて表示しております

・車種によ料金、乗車人数、大きさ、積載量、装備等が異なりますので旅行、キャンプ、出張先での移動 ペット連れの旅行等ご自身の利用目的にあった車種を選びましょう

※保険・補償についてのご確認

(1)保険・免責適用

(2)保険・免責適用外について


※オプション・装備について

(1)カーナビゲーション、ドライブレコーダー等について

   各車両の紹介ページにて記載   

(2)チャイルドシート

道路交通法第71条3項により6歳未満の幼児を乗車させる場合にはチャイルドシートの使用が運転者義務付けられています。 当店では貸出はしていませんのでご利用するお客様にはご用意ご持参をお願いいたします。

(3)ペットの同乗

・当店はペットOKのレンタカーですのでペット料金はいただいておりません。

・車内用リードついては当店ご用意しております

・ペットゲージについては衛生面等がありますのでご用意等はしておりませんのでご自身でのご用意をお願いいたします。

・ペットに関しては必ずゲージに入れること当店では義務付けしてはおりませんが車内リード等には繋ぐようにしてください。

 運転の妨げになるようなペットの乗車については大変危険ですのでおやめ下さい。

    ※ペットによる臭い、多少のキズ等による破損についてはお客様にご請求等ありませんが
     シートをかじった等ペットによる損傷など修復修理が必要な場合について後日金額確定後に別途請求させていただきます。


(4)その他

各車両、色々装備をご用意しております。

標準装備しているもの、オプション装備可能なものがありますので

詳細は【車両・料金紹介】またはご予約時にお問い合わせ下さい。

 

【2】貸渡し

(1)ご用意いただくもの

・貸渡中に運転される方全員の運転免許証(運転される方、運転する可能性のある方全員の運転免許証を提示してください。)

運転免許証はご利用するレンタカーを運転できるもの、日本国内で有効なものです。

 

(2)ご確認事項

・お客様の安全を確保するため、シートベルト数以上の人数でのご乗車は出来ません。

・「初心者マーク」「高齢者運転マーク」「障害者マーク」等の提示が必要な方は対象マークを表示して運転してください。

・貸渡期間中は必ずレンタカー契約書(貸渡証)を携帯してください。

・貸渡期間中の駐車場、保管場所の確保、日常点検整備等を含む貸渡車両の管理者はお客様となります。

 

(3)お支払方法

・当店でのお支払については現金、クレジットカードのみとさせていただきます。(電子マネー等は不可です)

・クレジットカードご利用の方は有効期限のご確認下さい。

・カード決済の手数料についてはお持ちのカード会社により異なります、手数料についてはお客様のご負担になりますのでご了承下さい。

 

【3】ご利用中

(1)違法駐車等をしたときの反則金納付義務

レンタカーをご利用中に違法駐車等があった場合には当店までのご連絡と

お客様の責任において、管轄の警察署にて所定の手続きを完了し、直ちに反則金の納付を完了してください。

ご返却時に交通違反金納付書等の確認させていただきます。ご申告のないまま反則等が発覚した場合においては相応の対処をさせていただきます。

 

(2)事故にあった場合

万が一事故等が発生した場合には直ちに運転を中止して、安全な場所に移動し、

被害者、加害者にかかわらず必ず以下の対応してください。

・負傷者の救護

・警察への通報と届出

・当店への連絡

※事故日時、場所、被害加害の有無等をなるべく詳しくお伝え下さい。

 

(3)お客様による過失

万が一当店の責任によらない事故、盗難、故障、汚染、臭気により

車両の修理、清掃等が必要になった場合については

かかる費用の一部、その期間の営業補償の一部をお客様に必ずご負担して頂くこととなりますのでご了承ください。

※当店で了承している喫煙によるタバコ臭、多少のペット臭、受け渡し時に確認した傷については請求いたしません

※車両返却時等に上記に確認できた場合には後日金額等のご連絡、お支払いをお願いいたします。

 

【4】ご返却

(1)超過料金

ご予定を変更される場合や返却時間に間に合わない場合には必ず当店までご連絡頂き了承を受けて下さい。

その場合には各車両料金表に定める超過料金を返却時にお支払頂きます。

ご連絡がいただけないままでの返却時間を過ぎた場合においては

各車両料金表に定める超過料金の他に罰金をお支払いただくことになりますので必ず当店までご連絡下さい。

 

(2)燃料

車両については貸出時に燃料を満タンにしてお貸ししますので、各車両指定の燃料で満タンにした上でご返却下さい。

お客様のご都合により燃料を満タンでご返却いただけない場合には燃料ゲージ残量を確認させていただき別途請求させといただきます。

実際の給油金額、燃料満タン時参考料金より割高となってしまいますので、あらかじめご了承ください。

※各車両満タン量、参考料金を記載しています→【車両、料金紹介】

 

【5】その他

・上記以外の貸渡し等に関する一切については別途当店が定める【貸渡約款】基づきます。

・本案内の記載事項や 料金、手数料、補償金額等については予告なしに変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。

・法令により以下の行為は禁止されております、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

  1、当店が運転手付きでの貸渡し、運転者の紹介、仲介、斡旋行うことはありません。

  2、お客様がレンタカーを使用して、他人の需要に応じて有償で旅客や貨物を運送することはできません。

【貸渡約款】


運転中の注意点

  • ペットとドライブ・旅行を考えている方に主にワンちゃんを飼っている方なのですがペットではなく家族ととらえている方が多くいらしゃるとおもいます。お留守番、ペットホテル等に預けるなどせず一緒にドライブ、旅行をしたい当店もそういった考えからペットOKのレンタカーを作りました。一緒にドライブ・旅行を考えている方に注意して頂きたいことが何点かあります道路交通法違反になってしまう可能性について街中、観光地、高速道路SA等でワンちゃん連れの方を見かけるこもあると思います。また車に乗っているワンちゃんを見かけることもあると思います。ワンちゃんの乗車の仕方によっては道路交通法違反になってしまう場合もあります当店はペットOKのレンタカーですが法令についてはお守り頂けますようにお願いいたします。
  •  
  • (1)愛犬を膝の上に乗せての運転犬がゲージを嫌がる、飼い主のそばにいたがる、寂しがる等理由はさまざまあるかと思いますが運転に集中できない、視界を遮る、急ブレーキ時のペダル操作に支障をきたすなど事故に直結する大変危険な行為です。事故等が起きた場合愛犬が車内、車外に投げ出されてしまいケガ、命を落としたりするので大変危険です。愛犬を膝の上に載せての運転は下記の道路交通法第55条2項(※1)における「運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作の妨げ」という部分に該当してしまう可能性があります。
  • (2)窓から顔を出させること運転席、助手席、後部座席の窓から大きく顔を出しているワンちゃんを見かけるもあると思います。風を浴びるのが好き、車酔いを防止する等理由はさまざまあるかとあるかと思いますが急ブレーキ、急カーブ、追突事故等が起こったとき車内、車外に投げ出されてしまいケガ、命を落としたりする可能性後続車を事故に巻き込む可能性があり大変危険です。窓を開ける場合においては車内リードにつなぐ、顔を大きく出せない程度に窓を開けるなど注意してください。下記の道路交通法第55条2項(※1)、及び道路交通法70条(※2)の運転義務に該当してしまう可能性があります。
  • (3)リアワイパーに汚物入りの袋を下げているこれも見かけるこがあるかも知れないですね。車内のワンちゃんの汚物等の臭い等を嫌がってこのことでしょうがこれも車体に何かを下げていることが違反になるそうです。「乗車または積載の方法」を定めている道路交通法第55条(※3)に該当してしまう可能性があります。もし袋等が落ちてしまった場合は車体から物を投げたのと同じで「道路における危険行為」を定めている道路交通法第76条第4項第5号(※4)に該当してしまう可能性があります。
  •  
  • 当店からのお願い上記にあげた以外にも道路交通法に該当してしまう可能性あり得ます。当店の車両をお借りいただくお客様にはペットとのより良い時間を過ごしていただきたいと思っております。必ずゲージに入れること当店では義務付けしてはおりませんがお客様、ペットの安全にご利用していただくためにゲージに入れての移動または最低でも車内用リードにつなぐということをお願いいたします。運転中の事故や窓、ドアの開閉時等におけるペットの事故を防ぐものでありますのでお客様のご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  • (※1)道路交通法第55条2項「車両の運転者は運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作の妨げ、後写鏡の効果失わせ、車両の安定を害しまたは外部から当該車両の方向指示器、車両番号標、制動灯、追尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなる乗車をさせ、又,積載をして車両を運転してはならない」
  • (※2)道路交通法第70条「車両等の運転者は、該当車両のハンドル、ブレーキ、その他の装置を確実に操作し、かつ道路、交通及び該当車両の状況に応じ、他人に危害を及ぼさない速度と運転をしなければならない」
  • (※3)道路交通法第55条「車両の運転者は該当車両のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載の為に設備された場所以外の場所に積載して車両を運転しない、だだし~中略~」
  • (※4)道路交通法第76条第4項第5号前号~中略~「道路において進行中の車両から等から物体等を投げること」
  •  
  •